フォリックスの副作用について詳しく解説します

フォリックスの副作用

フォリックスを使用することで起こる副作用の主な原因は、ミノキシジルと、フィナステリドです。

どちらも発毛効果が認められている効果の高い成分ですので、どうしても副作用が生じてしまいます。

しかし、副作用があるということは、効果がそれだけ高いということでもあるので、正しく使用することで軽減する事もあります。

逆に正しく使用しないと余分に副作用を発生させてしまうこともありますので、正しい使用方法を理解する必要があります。

主な副作用

主な副作用としては頭皮のかゆみや、かぶれ、顔のほてりなどです。

配合されている成分の中でも特に有効成分であるミノキシジルとフィナステリドは、

効果は認められていますが、その分副作用が起こる可能性も高まってしまいます。

基本的に副作用は塗った箇所に症状が現れますが、性機能の低下や、肝臓に副作用が生じる可能性があります。

また体調や体質などにより、まれに頭痛やめまいを起こしたり、手足のむくみや、

心拍数が上がるといった副作用が起こる事もありますので、自身に合う薬なのかを確認し使用する必要があります。

効果があるからこその副作用ですが、我慢できないほど副作用が起こる場合はすぐに使用を中止し、専門の医師に相談する事をお勧めします。

ミノキシジルによる副作用

フォリックスの有効成分であるミノキシジルですが、元々は高血圧の方が飲む薬で、血管を拡張し血圧を下げるための薬です。

その為、血圧が正常値の方が服用すると余分に血圧を下げてしまう事から、心臓に負担を掛けてしまったりと重く副作用が生じてしまいます。

しかし、発毛・育毛剤に使用されるミノキシジルは、外用薬ですので正しく使用すれば副作用はほとんど発生しないことから

日本でもミノキシジルは外用薬であれば使用が認められていて、リアップに使用されています。

とは言っても、フォリックスの場合ミノキシジルの配合量が高い事が特徴ですので、

副作用がほとんど発生しないとは言っても、配合量が高ければ高いほど副作用のリスクは高まります。

主な副作用はかゆみやかぶれ、顔のほてり等の軽い症状がほとんどですが、アレルギー体質の方や、低血圧の方、

体調が優れない方が使用すると、最悪の場合心臓への負担が生じ、心不全を起こしてしまう可能性もあります。

フィナステリドによる副作用

フィナステリドの副作用は、他の薬と比べてもとても低いといわれています。

AGAの改善効果があると言われていますが、AGAの原因となる男性ホルモンを抑制する事によって、効果を現します。

なので、フィナステリドのみではAGAは改善されますが、発毛効果はありませんので、

AGAが原因で薄毛となっている方にはより効果が表れるでしょう。

男性ホルモンを抑制することで効果を現しますので、発生するのはわずかですが性機能の低下が起こる可能性があります。

性欲が落ちたり、勃起不全(ED)となってしまったり、更には精液量が減少してしまう事もあります。

また、肝機能にも影響を与える可能性がありますので、肝炎になるリスクを高めたり、食欲不振などを引き起こす場合もあります。

副作用が起こる可能性は1%程ととても低いのですが、ゼロではありませんし、

元々肝機能が弱い方や、EDである場合は服用の仕方を1度専門の医師に相談する事をお勧めします。

フォリックスは濃度の低いものから

フォリックスは効果は高いが、特に有効成分であるミノキシジルは配合量によって副作用の出る危険性や、副作用の重みが変わってくるので、

初めてミノキシジルを配合するフォリックスのような発毛・育毛剤を使用する際は、必ず2%のフォリックスFR-02から使用しましょう。

数ヶ月使用しても効果が薄く、副作用も感じないようであれば1つづつ配合量が多いものに変えていき、

効果と副作用のバランスが取れた自身に合う配合量を見つけましょう。

フィナステリドはフォリックスFR-12と、FR-16にのみ配合されていますので、

主にミノキシジルの配合量で選んだ後、12%以上配合していても問題ないようであれば、

フィナステリドも配合されていた方がいいかを選びましょう。

ミノキシジルで副作用がでたら代替品の検討を

ミノキシジルの配合量が低いタイプのものから使用しても副作用が気になるという方は、

体質に合わないことが考えられる為使用を中止しましょう。

変わりに、天然成分を主としたキャピキシルという近年注目を集めている成分があります。

これは、アセチルテトラペプチド3という細胞修復作用を持つことから、毛母細胞の復元にも発揮するといわれている成分と、

アカツメクサ花エキスという脱毛に影響する男性ホルモンを阻害する効果が確認されている成分から造られていて、

発毛効果と男性ホルモンを阻害する働きを兼ねているという事で、フォリックスに近い効果を天然成分から取り入れることができます。

また、ピディオキシジルというヘアサイクルを整える効果のある、頭皮ケアの為の化粧品の成分があります。

医薬品ではないので、効果がないのではと考えられますが、化粧品の成分のため副作用というものがありません。

アレルギー体質であったり、肌が弱い方には注意が必要となる場合もございますが、

化粧品ですのでほとんどの方が心配なく使用できると言えるでしょう。

1度ヘアサイクルを整える事で薄毛が解消されるのであれば、リスクを最小限で試せるピディオキシジルを使用する事をお勧めします。

フォリックスの注意点

フォリックスに含まれる有効成分の中には、効果が高い分人によっては副作用の症状が強く出てしまう可能性もあります。

効果だけを見るととても魅力的な医薬品ですが、正しく使用しなければ効果よりも副作用の方が多く出てしまう事もあります。

出来るだけ副作用を起こさず使用する為にも、フォリックスと一緒に服用してはいけない薬を把握する事や、

何も薬を服用していなくても、自身が使用できる医薬品なのかをしっかりと確認する必要があります。

併用禁忌薬

フォリックスの有効成分の中で、発毛効果のあるミノキシジルには、血管を拡張させる事により血行を良くする働きがあります。

その為、血圧を下げる薬を服用している方は、フォリックスを使用する事は出来ません。

リアップなどには併用禁忌薬として血圧を下げる薬は含まれませんが、それはミノキシジルの配合量が5%だからです。

フォリックスの様に配合量が多いタイプであれば、重い副作用が起こる可能性が高まる為、

血圧を下げる働きのある薬と一緒に服用する事は禁じられています。

禁じられてはいなくても、血圧に影響する事で心臓へ負担が掛かることがありますので、

心臓が弱い方や、心臓病を患っている方も使用を控えることをお勧めします。

使用できない方

薄毛は男性だけの悩みではありませんが、フォリックスは残念ながら女性が使用することはできません。

外用薬のミノキシジルと、内服薬のフィナステリドは、日本皮膚科学会からの推奨度がAで、

薄毛に対して使用することを強く勧めると評価されています。

しかしそれは、男性型脱毛症のみの評価であって、女性型脱毛症に対しては逆に推奨度Dとなり、

使用をするべきではないという評価となっている為、女性の使用は禁止されています。

ミノキシジルの配合量が少なく、フィナステリドが配合されていないフォリックス FR-02のみ女性でも使用できますが、

FR-05からはフィナステリドが含まれていなくても、女性の方の使用は禁止されています。

まとめ

新しく販売されたフォリックスですが、ミノキシジルの配合量が高いことが特徴で、

日本で販売が許可されている発毛・育毛剤のリアップと比べてミノキシジルの配合量は3倍以上ある事が魅力です。

しかし、それだけ副作用の可能性も高くなることを十分に理解して使用することが必要となります。

外用薬ですので、重篤な副作用は起こりにくいと言われていますが、

ミノキシジルの配合量の高さや、重く副作用がでると心臓にも負担がかかり、最悪の場合心不全となる可能性もあります。

その為、特に女性の方はフォリックス FR-02のタイプのみを使用し、

初めて使用する男性の方も出来るだけ配合量の低いものから使用して行くということを守りましょう。